先日、とある料理教室に行ってきました。

肉まんを皮から手作りしたり、シフォンケーキを作ったり、楽しい時間でした。

 

その中で、洗剤についてのデモンストレーションがありました。

料理教室なのに洗剤?と思うかもしれませんが、料理に洗い物はつきものです。

2つの洗剤を比べて、油汚れの落ち方の比較をするというものでした。

結論から言うと、片方の洗剤は、少量で油汚れがものすごくキレイに落ちたのです。

「洗剤を少量しか使わないから環境に優しい」とその人は言いました。

普通の人なら感動して、その洗剤を購入するということになるのかもしれません。

 

でも、私は少し疑問に思いました。

少量で泡立ち、油汚れがキレイに落ちるということは、発泡剤や界面活性剤がたくさん使用されているということです。

下水で処理しきれなかった界面活性剤は川や海に流れ込み、環境に影響を与えます。

決して環境に優しいとは言い切れないと思いました。

 

そもそも、そこまでして油汚れをキレイに落とす必要があるのか、とも思います。

抗菌グッズにしてもそうです。

私たちのまわりには様々な常在菌が存在しており、そのバランスの中で私たちは生きています。

それを排除してキレイにしすぎるのは、かえって問題があるように思います。

アレルギーの増加などはその1つと考えられています。

 

ちなみにうちでは、油を使っていない食器類は水で流すだけです。

食器用洗剤は粉せっけんをお湯で溶いて手作りしています。

油汚れはあらかじめキッチンペーパーで拭き取ってから洗い、洗剤の使用量が少なくなるように工夫しています。

 

どちらがいいかは、人それぞれの価値観です。

でも、外からの情報を鵜呑みにせず、いったん自分の中でフィルターにかける作業は必要です。

そのフィルターは何かというと、正しい知識です。

今は情報量も多いので、何が正しくて正しくないのかの判断も難しい時代です。

そのために学びが必要であり、バーチャルではないリアルな本物の体験が必要だと思っています。

 

学びと体験の中でいろいろな価値観に触れ、その中から自分の価値観を見出す。

そして、その価値観をできるだけ原則的本質的なものに近づけていく。

それが学びの目的だと思います。

 

アロマやハーブの話を通して、そんなこともお伝えできたらいいなと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です